そんなこんなで。

隠れオタOLの雑多な感想。だいぶぬるい。

アドレス帳の断捨離をしてみた

GW2日めですね。

1日目はひたすら寝て寝て寝まくるという完全ひきこもり生活を謳歌したんで、今日は布団カバーを洗い、クリーニングを出し、のんびりカフェに行って読書をし、家に帰って掃除をするという「のんびリア充」をやってみた。

GWは毎年衣替えや結構大がかりな掃除をやっていますが、今回はスマホの中のアドレス帳を整理してみました。

 

大学を卒業し、社会人になり早8年。30代が近くなるにつれ、自分も周りも環境が変わってきました。

特に最近は既婚・未婚・子あり・子なしと女性特有の環境の変化の違いから、学生時代の友人と会っても会話がいまいち互いに合わず(興味の対象が違う)微妙な女子会になることもしばしば…。

疎遠になりつつある人間関係や、会って不快な気分になることも年齢的にあり、今回のアドレス帳断捨離は人間関係の見直しという意味で行いました。

 

■今回、断捨離するにあたり重要視したポイント

①ここ数年、連絡を取り合っていない人

②不快な思い出のある人

③もう自分から連絡することはないだろうな~って距離感の人

 

この内、2つ当てはまる方は消去することにしました。ついでに使っていないお店や公共機関の連絡先も消去した。

逆に、数年連絡を取り合ってなくても、いい思い出がある人は残しました。そういう人はまた機会があれば会いたいし、名前を見たときに懐かしい明るい記憶が蘇るので、プラスになると判断しました。

 

■アドレス断捨離をしてみて

残ったのは、家族、学生時代の友人、会社で親しい人、お世話になった人のみになりました。総件数48件。

自分の中で「この人とは今後も繋がっていたい」という人が明確になったので、すっきりしました。ただ、最近新しく登録した人がいないことに気づき、自分の行動範囲の狭さも痛感……。

消した分、新しい繋がりもほしいと前向きな気持ちも生まれてきたんで、ヨガ教室とか行ってみようかな。

なんとか教室とかそういうところに行けば友人ができると勝手に思い込むコミュ障思考が炸裂だが、まぁ外に目を向けることは良いことだろう。多分。

 

過去の人脈を切り捨てるわけではないが、縁があればまた人づてに結び合えると思っている。今はSNSが発達してるからさ。LINEなんて出てこなくていい「知り合いかも?」とかわざわざご紹介してくれちゃうし。

 

たまには重くなったアドレス帳を見直して、絶ってみるのもありだと私は思う。