読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこんなで。

隠れオタOLの雑多な感想。だいぶぬるい。

亜人6話感想

【3行でまとめる亜人6話】

・逃走中from佐藤(参加者:3名。圭、研究員A、研究員B)

・亜人の弱点は頭部の切断

・圭のIBM、制御不能

 

佐藤「この子、亜人と言う以前に根本的におかしい」

ファッ!?人格難アリと言われる主人公。佐藤に人格なぞ語られましても…ねぇ。

圭「殺すくらいなら、目を潰すとか腕を折るくらいにしときません?」

おっとこれは、感覚がやばいな…。目を潰されるくらいなら、いっそ銃殺された方が今後の生活を思うとマシな気もするんだけど。佐藤が正しかったようである。

 

佐藤をうっかり撃ってしまい、佐藤から敵認定されてしまった圭。

研究員2名と共に佐藤から脱出する描写はジリジリとスリリング。自分は亜人だから死なないよ、囮になるよ、と高を括っていたら「亜人でも頭部切断して本体から離せば死ぬよ」と話す佐藤。圭、急に汗ダラダラ。

 

佐藤「首落とすど~~!!絶対落とすど~~!!」

 

ナタを持って追い掛け回す。なまはげか。ここで研究員A死亡。

これで参加者は圭と研究員B(良い人)の2名へ。

 

屋上へ逃げた2人。なんで上に逃げるの?火事でも普通下に逃げるのが相場でしょ?

研究員Bは戸崎さんのとこに逃げれば安全だったんじゃないの?この施設、避難経路が少ないのかな。へっぽこ秘密施設。

 

「車で君を送ってもいいよ」と雨の中、優しい声をかけてくれる研究員。

これが先ほどまで解体していた人に向けて言う台詞か。極度に精神的に追い詰められて、人の情が溢れ出ているのかもしれないB。

 

「永井君、俺の屍を越えて…行け!!」

 

何とか屋上から植木へ研究員を落とし、自身も川へDIVE!!

無事、2名逃走クリアしたのでした。

 

【今週も残念戸崎くん】

いや、マジで何をしているんだ…。

対亜人特選部とかいうのがあるなら早く出さんかい!!田中奪還という前例があるんだからさぁ。佐藤のことも面識あるなら、対応策もっと練っておけ。無能っぷりがひどい。

貴重なサンプルの逃走。研究員および軍隊の死亡。後手後手の亜人対策。

今回の失策は左遷どころかクビになっていいレベルである。

 最終回までにこの失態を挽回する時が果たしてくるのだろうか。

激しく心配だ。